看護師転職サイトの電話は必要?しつこい時の対応

転職サイトからの電話がしつこい?将来設計🌟転職サイト選び
Ns
Ns

転職サイトからの電話ってなんでしつこいの?

どうやって対応するべき?

いちおう、理由があります。

なーさん
なーさん

転職サイト8社に登録し「長期的転職活動中」の僕がお答えしますね。

『転職サイトからのしつこい電話』は、よくある困りごとです。

私たち看護師は、あくまで自分の判断で転職をしたい訳で、業者さんに求めるのはそのお手伝い程度。

「そこまでの関わりは求めていない」という人が大半です。

では、なぜすれ違いが起きるのでしょうか?

それは、お互いの理解が足りないからです。

『転職サービス』について知れば「電話の理由」「効果的な断り方」は見えてきます。

ということで以下の内容を投稿します💪

今回の内容は
  • 電話してくる理由
  • 電話がくるタイミング
  • 転職サイトとの電話以外の連絡方法
  • それでも「しつこい」時にとるべき対応

看護師なら転職サービスを活用しないと勿体ない。僕はプライベートな知り合いに『転職サイトの中の人』がいるので、彼に聞きながら使っています

ぜひとも役立ててください😁

転職サイトが電話をかけてくるタイミングと理由

経験上、このタイミングは2つあります。

転職サイトが電話してくるタイミング

  1. 登録直後
  2. 求人のマッチング後

このうち、必ず電話にでる必要があるのは「1.登録直後」です。

登録後の電話が必要なわけ

サイトに登録したら電話がくるんだけど…なんで?

登録直後の電話は以下の確認のために重要です。

  • 本人確認
  • 転職の本気度を確認したい

まずこれらの確認が必要なので、電話があります。

そんなの本人が登録したに決まってるじゃん

と思いますが、実はそうとも限りません。

✔︎ 本人確認が必要なのは「なりすまし・イタズラ」の登録が多いため

多くの転職サイトはまず「登録のしやすさ」を重視しているため、登録に必要なのは「名前」「電話番号」「生年月日」程度となっています。

それくらいの情報なら、知ってる他人がかってに登録できそうね。

その通り。

ナースの人間関係は複雑です、悪意をもった誰かが「あなたの情報」を使ってイタズラで登録することもあり得ます。

なので、業者の立場からすれば、まず「登録がイタズラでないか」の本人確認が必要な訳です。

✔︎ 転職の本気度を確認したい

「本人確認」と同時に行われるのが『転職意思の確認』です。

この重要性を理解するには「転職サイトの収入は施設への紹介手数料である」と認識が必要。業者は、登録者がいくら増えても儲かりません。あくまで人材紹介が収入源です。

そして、業者の人にも時間に限りがあります。

なので、登録してきた転職希望者のうち「すぐに転職したい人」を最重要として自身のスケジュールを組みます。

看護師でいう「業務の優先順位」ね?

なーさん
なーさん

急いでいる登録者を見逃すと、他のサイトで転職しちゃう。

それは業者にとって大きな損害です。

なので、最初の連絡は今後の「サービスの質」のためには必須と言うわけです。

そして、僕が業者さんと電話をするのはここまで。それ以降はメールやLINEでやり取りしています。

【対応】本人確認後の連絡はメールやLINEを希望する

本人確認の時に「希望の条件」を伝えれば、後はメールやLINEでのやり取りに切り替えることが可能です。

条件とマッチングした施設の情報は電話でなくテキストで知らせてもらいましょう。

とくに

面と向かって(電話でも)話すと自分のペースで決められない

という人にはこの方法をおすすめします。あくまで転職者は自分ですから。

1度目の電話の時にハッキリと「今後の連絡は電話なしでお願いします」と伝えましょう。看護師という不規則勤務を相手にしている業者です。そこは守ってもらいましょう。

【対応】それでも電話で連絡してくるときは?

たいていの業者は希望すると「メールor LINEのみ」の連絡に応じてくれます。

しかし、中には「しつこい電話」をかけてくる人もいるので、その場合は以下の対応を検討してください。

「しつこい電話」の業者への対応
  • 担当者の変更を依頼する
  • その転職サイトを退会する

臆せず、遠慮せずに行きましょう。

✔︎ 担当者を変える-その時の注意点

転職サイトと言っても対応するのは担当者のみ。口コミで見るサイトの評価は実は担当者の評価です。

レストランの店員さん、看護師でも、世の中のサービスは大体そうよね。

なので、担当者を変えれば全てが変わることもあります。変更は有効です。

なーさん
なーさん

ここで注意がありますよ。

それは、担当の変更は本人に直接言わず、代表番号へ連絡すること。理由は「本人に言いにくい」のと「その場で言い逃れされるから」です。

僕は「これを最後にする」との約束の後にも電話を受けたことがあり、流石に怒りました。なので、その後はその会社の代表番号に連絡するようにしています。

✔︎ いっそ退会する

業者自体に不安があれば即退会しましょう。転職サイトは無数にあります。

この場合も担当者よりは代表番号への連絡が事務的で早く済みます。一度退会した後も再登録できるので問題ありません。

時間のムダを省くには複数業者で同時に進める

こういった「業者とのすれ違い」は、こちらが十分に情報を提供しても起きることがあります。

転職を急いでいる人には、その度に担当を変更するのは正に時間のムダ。なので、複数のサイトで登録して同時に進めることが効率的です。僕たちにとって大切なのは「どの業者かよりも何処で働くか」です。

えっ!?それって相手に悪くない?

いえ、むしろそれが普通です。転職者にアンケートをとったところ最も多かったのは「2〜3社を利用した」という回答でした。

転職活動の効率化には複数登録が必須

複数登録には以下のメリットがあります

  • 同時に複数の担当者がつく
  • 同じ求人の条件を比較できる
  • 一定のサイトにしかない「非公開求人」がある

効率的に転職活動を進めるためには必須だと言えます。

まとめ

今回は転職サイト登録後の電話について投稿しました

内容のまとめ
  • 登録後の電話は本人確認のため必須
  • 連絡は「メールやLINE」を希望すると伝えよう
  • 電話が「しつこい」なら、担当の変更や退会も検討
  • 1社のみでは非効率、最低2社で同時に進めていく

転職業者の中の人にも「営業ノルマ」があります。その辺は理解した上で「あくまで自分の転職」を進めていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました