転職サイトは使わない方がいい?使って失敗する人の3つの特徴

転職サイトを使うと失敗する人の特徴と対策将来設計🌟転職サイト選び
NS
NS

転職サイトを使って失敗するってなんで?

うまく付き合って転職を成功させるにはどうすればいい?

転職サイトを使わない方が良い人の3つの特徴はこちら
  • 転職サイトの仕組みを知らない
  • 提案を断ることができない
  • エージェントと話したがらない

転職サイト(エージェント)は看護師なら誰でも無料で使えて、うまく付き合えば圧倒的有利に転職を進めることができるサービスです。

  • 求人の情報量
  • 各種手続きのアドバイス
  • 希望施設との仲介役

など、自力でカバーするのはかなり大変。転職サービスは賢く利用すべきです。

しかし、外部サービスであるため使い方を間違えると転職に失敗し後悔する人も一定数いるのが事実。

今回は

  • 転職サイトを使って失敗する人の特徴
  • どうすれば転職サイトとうまく付き合えるのか?

について投稿します。

ポイントを押さえていると転職活動を「流されず自分のペース」で進めることができるようになります。ご一読ください。

失敗理由その1:転職サイトの仕組みを知らない

転職サイトはどのように利益を得ているのか?その仕組みを理解していれば相手のモチベーションや行動原理を知ることができます。

転職サイトの収入源は施設からもらう紹介料

転職サイトの収入源は、求人を出している施設から支払われる紹介料です。業界の相場では、求職者を施設に紹介することでその人の年収の1/3を得ることができます。

たとえば年収500万円の人材をある病院に紹介し採用になると、その1/3、つまり165万円ほどの成功報酬を転職サイトが受け取ります。

1人の転職でかなりの額を稼ぐのね、、、

そう、だから必死なのです。

各転職エージェントには営業ノルマもあり、利益を上げるために「連絡がしつこくなりがち」、それが単純な理由です。

転職に成功する人は『相手のノルマ』を利用する

転職エージェントにとって、会社から割り当てられた求職者はとても貴重、逃したくありません。

この気持ちを利用しましょう。

具体的には、『自分にはハッキリとした転職の目標・理想がある』と伝えて、それに合った求人を探してもらいます。少しでも違う求人を提案されたら断ります。

エージェントにとっては他の業者との競争でもあります。ノルマを抱える心理を理解して、自分に合った求人を引き出しましょう。

失敗理由その2:エージェントと関わりたくない

背を向けていては始まりません

いくら求人情報のプロでも、求職者の希望を知らないとピッタリの求人を探すことはできません。

失敗する人はエージェントと関わろうとせず、時間を浪費します。エージェントには自分の『希望条件』や『絶対にゆずれないこと』を伝えた上で求人を探してもらいましょう。

面談や、電話でのやり取りではエージェントの人柄もわかります。合わなければ以降の連絡を控えることもできるので早めにやっておきましょう。

直接話すのが苦手な人は以下の方法を試してください。

LINEやメールで気軽にやり取りする

電話でのやり取りが苦手なら、「LINEやメールを使った連絡を取り入れている業者」を選びます。

直接言いにくいことも文章なら伝えやすく、変則勤務でも連絡が取りやすいので最近は対応しているサイトも多くなっています。

テンプレートを作って効率的に進める

転職サイトを使うなら複数のサイトで同時に進める必要があります。そこで役に立つのは各担当エージェントに自分の希望を伝えるテンプレートです。

内容は、登録後によく聞かれる以下の項目

  • 転職を希望する時期
  • 雇用形態(常勤・非常勤・パート・派遣)
  • どんな働き方がしたいか
  • 絶対にゆずれない条件(立地や給与など)
なーさん
なーさん

何度も文章を作るのは面倒なのでメモ帳に作っておきましょう。下は僕が実際に使っているものです。

転職エージェントに伝えるだけなので書式などは気にしなくても大丈夫。

転職活動のテンプレート

このテンプレートを使って効率的に複数のエージェントに希望を伝えましょう。

失敗理由その3:提案を断ることができない

転職でもっとも大事なステップは『施設選び』です。

転職サイトへ登録するとエージェントから沢山の提案が始まりますが、ここで妥協したり、遠慮して断ることができないと必ず失敗します。

求人の精度は段々と良くなる

実は、はじめにエージェントが提案する求人は精度が低いことが多くなります。というのも、登録時の簡単なアンケートではピンポイントの求人を探し当てることが困難だからです。

これは

  • 求人を断るときにその理由を伝える
  • 一度しっかりと話(面談)をする

という流れを踏んで理解が進むため、徐々に改善されていきます。なので急いで決めず、まずは判断力を上げるために求人を見ることに慣れましょう。

なーさん
なーさん

いくらプロでも、求職者の希望がぼやけていては正確なサポートはできません。自分がピンと来る求人が紹介されるまではNOを言い続けましょう。

筆者の経験では、面談後は求人案内の精度は格段に上がります。転職エージェントとの意思疎通は大事な要素です。

》》》電話がしつこい場合の2つの対応はこちらの記事で投稿しています。

施設選び以外は『おまかせ』で良い

履歴書などは指導された通りで大丈夫

希望する施設を選んだら、後はプロのアドバイスのまま行動して問題ありません。エージェントにとっても「転職者が採用されるか」は、報酬が発生するかどうかの重要な問題です。しっかりとサポートしてくれます。

どの施設を希望するのかを決めたら

  • 退職の手続き(代行)
  • 施設の見学
  • 履歴書や面接のリハーサル

といった不安な点は全力でサポートを受けましょう。

転職サイトは活用するもの|選び方は?

転職業界にとって看護師の転職は大きなビジネスです。そのため、多くの企業が参入して転職サイトを運営しています。

ビジネスってなんかイヤな響きだね

確かに、人の転職をビジネスにしているのは抵抗があるでしょう。しかし、だからこそ今の転職業界で生き残っているサービスは質が高く、利用した人の満足度は90%以上の所ばかりです。

複数サイトを使う理由は「保険をかけるため」

転職サイトを使うときは複数利用が基本と言われています。

それは

  • 転職サイトを選ぶため
  • 求人のモレを防ぐため
  • 担当者の当たりはずれへの保険

などの対策のためです。アンケートでは転職サイト利用者の2/3は3つ以上のサイトに登録していました。

なーさん
なーさん

「看護師は選ぶ立場である」ことを念頭に、エージェントを比較しながら進めましょう。

複数の選択肢からどうやって絞り込むか?

転職サイトは沢山あり、それぞれに特徴があります。使う側には「自分の目的に適した業者選び」が重要となります。

私は8つの業者と連絡をとった結果、以下4つの転職サイトを主に使っています。

看護roo!
フルサポートと転職ガイドブックのプレゼントが人気。
満足度が高く初めての転職には最適。
看護のお仕事
気になる施設(病院)の内部情報を調べてくれる。
求人検索が使いやすい。
ナースパワー人材センター
採用されやすいシステムがある。
ナースJJ奨励金(旧祝い金)の確認、管理職への優遇あり。

詳しくは「転職サイトの特徴・まとめ記事」をご参照ください。

まとめ

転職サイトを使って失敗する人の特徴は以下の3つ
  • 転職サイトの仕組みを知らない
  • 提案を断ることができない
  • エージェントと話したがらない

この対策は「主体性をもって、ハッキリと主張すること」です。

皆さんが転職する理由は何でしょうか、今よりも理想の未来に近づくためだと思います。

転職サイトはあくまでもその手段に過ぎません。賢く利用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました