ファーストレベル初日の自己紹介で成功するには?

ファーストレベルの自己紹介管理職✏️ファーストレベル

ファーストレベルの初日は自己紹介ってマジ?

マジです。

ファースト初日にやること、それは自己紹介役員決め。この日の結果はファーストを左右することになるので事前に準備しておきましょう

自己紹介で伝えるべき項目

項目は以下のようになります。自分に当てはめて事前に台本を作っておきましょう

  1. 所属施設
  2. 氏名
  3. 現在の所属部署(経歴に伝えたい事があればそれも)
  4. 現在取り組んでいる事
  5. ファースト受講の理由・目的
  6. (時間が余れば)趣味や興味のある事

僕のところでは受講生が60名、女性と男性の比率は8:2程度。

所属カテゴリーは急性期、慢性期、訪問看護や老健施設などから

  • 管理職を目指す人
  • すでに管理職の人
  • 言われてきた人

がファーストを受けにきていました。

受講目的には

「管理職として組織マネジメントを学びたい」

「新人指導がうまくいかず対策を考えたい」

「入退院支援システムの構築にむけて学習したい」

などがありました。

最後に時間があれば「趣味は〇〇です。ご興味のある方は私にお声掛けください」と自己紹介を締めくくります。

この自己紹介、僕は失敗。。。

“1分は短いからと”思っていたのですが、持病の緊張性早口症候群が発症し、時間を大きくあまらせてしまいました。

一通りおえたあと残りの時間を確認しびっくり、半分近く残ってしまいました。

苦し紛れにサッカー(中学校以降やってない)

と言ってしまったために、あとでスポーツが趣味の方々から話しかけられ「いや、そんなにやってないから分からないですぅ」を連発すことになってしまいました。

教員の反応から分かった大事なこと

ファースト担当の先生方は、受講生の自己紹介を座ってじっと見ていました

僕は先生方が見える位置(と言うか真横)にいたので、他人の自己紹介中は先生の反応も見ていました。

先生方が大きく頷いたり、手元の名簿に書き込みをするのは、受講生が自分の受講目的を述べた時です。それも明確になっていれば大きく頷いていました。

「受け持ちが多い看護師」は要所を押さえて行動します。

同じように、60名以上の受講生を一度に管理する先生方は、各受講生のポイントを押さえる必要があります。

その人の目的が具体的であれば、看護管理実践計画書の作成という到達目標に一歩近くなるので

自己紹介を聞きながらそのポイントを探しているようでした。

なので、ポイントを強調した自己紹介は聞きやすく、頷きも大きくなります。

失敗して席に戻りその当たり前のことに気づいた五十音順で始めの方の僕は「もっと後の方だったら良かったのに・・・」と、自分の早口症候群は棚にあげてご先祖様に恨み節でした。

メラビアンの法則とは?

コミュニケーションで相手に与える印象には、話の内容(言語情報)よりも表情(視覚情報)や口調(聴覚情報)の方が強く影響する。その割合は、言語情報が7%、聴覚情報が38%、視覚情報が55%である

これはメラビアンの法則という、コミュニケーションの原則です。

この法則によると、与える印象の90%以上は話し方にあり、いくら台本を練っても話し方がすべてです。

内容ばかりに気を取られず、ゆっくりと丁寧に、相手へ良く聞こえるように話す事が大切です。

プレゼン能力は評価の対象です

「プレゼン能力の向上」は、ファースト受講生にとって大きな課題。理由は、ファーストの最後には看護管理実践計画書の発表が控えているからです。

計画書の質はもちろんですが、発表態度なども評価されるため、どのようにすれば相手が聞きやすいか?を工夫する必要があります。

何かと発表・発言する機会が多いファースト教習。考え方によっては絶好の練習場所ですね。

『仲間』を見つけよう!

ファーストの真の価値は仲間作りにある。とも言われています。

まず、これから最低でも108時間を共にする受講生全員が仲間である事は間違いありません。

しかし、その中でも“自分と同じ領域で働いている人”“同じ問題を抱えている人”はとても有意義な仲間と言えます。

それは、似た状況の人とはレポートの相談文献の情報共有グチのこぼし合いが盛り上がるからです。

せっかくの外部研修。

他の受講者の自己紹介を聞きながら、仲間を探して声をかけてみてはいかがでしょうか?

応援よろしくお願いします。

応援いただけると、脳内でセロトニンが分泌され、幸せを感じることが出来そうです。

ファーストレベル体験記 クラス委員の負担軽減策は?
認定看護管理者教育課程ファーストレベルでのクラス委員の役割と、負担軽減策について。

コメント

タイトルとURLをコピーしました