【無料】レポートの前に文章力アップ!「書き方」で役立つ本を紹介する

文章力 Kindle管理職✏️ファーストレベル

レポートを楽に乗りきる方法ってあるのかな?

とりあえず、『文章力』です。

文章力はいわば筋肉みたいなもの。筋力があれば、相撲は強いし野球やサッカーにも役立ちます(何のこっちゃ)。

このブログではレポートの型を紹介していますが、型に沿って話を展開していくにも文章力は必要。良質な論文を引用しても文章力がなければ評価は得られません。

今回は「レポート・文章力の良書」を4冊紹介します。単独で購入しても良いのですが、実はすべて無料で読めます(2冊以上気になるならKindleが断然お得)。

登録後すぐに退会しても30日間は読めます(その手順はこの記事の後半で説明しています)

それではいきましょう💪!

『文章ベタな人のための論文・レポートの授業』

まずは文章論の概論的な本から、ちょっと難しいけど文章の書き方全般を見渡せます。

商品紹介文

あらゆる文書は、読み手に内容が誤解されることなく一意的に伝わらなければただのゴミ。学生を含め社会で活躍する人にとって、何らかの成果や提案を文書にまとめるためには文章で「伝える力」を身につけることが必要不可欠だ。一生モノの「文章力」を徹底的に鍛える。

基本的に、この一冊でもかなり良い感じです。ただ、ちょっと難しい。じっくりと読む必要があります。

『文章のルール』が分かる本

商品紹介文

文章を書くうえで最低これだけは知っておいた方がいいというルールを101項目ピックアップ。本書を読めば、自分の文章に自信が持てるようになります!

レポートだけでなく日常の業務で使う文章にも活用できる「101のルール」。

同じようなルール本ではこちらも良かったです。

レポート作り全般をサポートする本

この本はレポート作りの過程をサポートしてくれます。

僕の説明よりも、見出しが分かりやすいので一部ですが参照してください↓

こんな感じでまさに「手取り足取り」です😅

紹介する本は以上です。

いまや文章力は”知っているかどうか”

今回紹介した以外にも「文章・レポートの書き方」の本は無数にあります。

そして、今はそれらを無料で読める時代

つまり、文章力を磨くのは自分しだいなわけです。やろうと思えば誰でも無料でできるし、やらないならそのまま。

文章力というのは才能ではなく技術なので、一度ルールを覚えてしまえば身につき離れません。

例えば、有名なこの文章のルール

『同じ語尾を繰り返し使わない』『短文で明確に書く』

ダメな例:今日の天気は晴れです。そこでお散歩です。気分が良いものです。

良い例:今日の天気は晴れ。なのでお散歩、良い気分。

何も考えずに書くと『ダメな例』みたいな文章ばかりになりがち。ルールを知れば誰でもすぐに修正できます。

なーさん
なーさん

ルールを知ると、へんな文章には違和感を感じるようになります。書類の添削にも役立ちますよ。

無料期間中に好きな著者を見つけよう

文章力をテーマにした本はどれも読みやすい。しかし好みは存在します

私たちが知りたい『分かりやすい・納得できる文章のルール』は、もう解明されています。

なので、表現の違いがあっても著者が伝えたい内容は大体同じ。問題は「表現が自分に合っているかです。

なので、無料期間はまず評価の良い著者から広く浅く読んで、自分に合った表現を見つけることに使えば良いです。

というか、それだけで大半の文章ルールが身につきます。

なーさん
なーさん

僕は好きな著者が見つかれば他の作品をフォロー!

石黒 圭先生と「古郡 廷治」先生が好きで新刊は読むようにしています。

Kindleとは?読み放題の『始め方』『やめ方』を説明

レポートに役立つ本が沢山あるのはわかった

でも、Kindleってのがよく分からないんだけど

という方のためにKindleについて説明します。

Kindleとは?

Kindle(キンドル)は、アマゾンの電子書籍ストアのこと。

Amazonアカウントがあれば誰でも使うことができます。購入した電子書籍はスマホの専用アプリやKindle端末で読むことができます。

Kindleストアの読み放題サービスがKindle Unlimited同時に10冊まで借りて持ち歩くことができます。

今はほぼすべての本が電子書籍でも出版されています(むしろ電子書籍の方が多いぐらい)。

Kindleでは、サンプルではじめの何十ページも見れるので、紙の本を買う前にも活用できます。

電子書籍のメリットとデメリットは?

こんな感じです

メリットデメリット
・買ったらすぐに読める
・大量の本を持ち歩ける
・保管に場所を取らない
・付箋やメモの機能がある
・所有権がない
・売ってお金にできない
・運営が終わると見れない
・専門書が少ない

専門書のような手元に置いておく本は紙で買って、電子書籍は一過性の娯楽や情報収集に使うべきでしょう。

実物はないが、知識は一生自分のもの

更新頻度は1ヶ月ごとと短く「始めやすく辞めやすいサービス」です。読み放題にも各分野で大量の本が揃っています。

なので、私は「複数のレポートを書く研修」や「注文住宅購入」の時期に合わせて一月間だけ契約し情報収集に活用しました。

電子書籍では本は自分の所有物にはなりません。しかし、知識は一生自分のものです。

Kindleで読み放題のはじめ方

Kindle Unlimitedのページで申請できます。

過去に利用した人は無料が適応されないので注意。ひと月980円(日額30円)です。

確実に無料期間のみ使う方法【即退会する手順】

無料体験をはじめたらすぐに退会します。本は期間内ずっと見られるので、即退会処理でOKです。

なーさん
なーさん

Kindle Unlimitedの良いところは「退会予約が簡単なところ」。

忘れて登録が自動更新されないようにすぐにやりましょう!

①入会後にKindle トップの「Kindle Unlimited マイブックを表示」をクリック

Kindle unlimitedの退会方法

②「メンバーシップを管理」から「会員登録をキャンセル」する。

Kindle Unlimitedの退会方法

⬇️

Kindle Unlimited退会方法

③退会完了です!これで請求は発生しません。

\レポートが楽になる/

サブスク黎明期!この時代に感謝

今は各種サブスク(定額制サービス)がシェア争いのため「1ヶ月無料!」など、キャンペーンでしのぎを削っています。

これは消費者にとって最高にお得な時代。私もKindleで獲得したレポート執筆ノウハウで、レポートだらけの研修を最高評価で終えることができました。

情報の仕込みは「誰でもできるけど、大半の人がやっていないこと」です。何かにチャレンジするなら「Kindle Unlimitedでの情報収集」ぜひやってみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました