【Let’s情報収集】不安を感じている看護師は行動するべき

情報不足=不安看護師💉新人ナース

目の前に壁があるような不安

これから私はどうなっていくのかなぁ。。

看護師として働いてはいるけど、自分はこの先どうなるのか、多くの人が将来への不安を感じています。

問題は、不安の解決へ向けて行動するか?です。

今回は、看護師で将来に不安を感じる人がとるべき行動について投稿します💪

これから解説する積極的な情報収集で、僕の悩みは1年で消え失せました。

この記事では

  • 将来の不安への向き合い方
  • 看護師が持つべき情報の種類
  • 行動の大切さ

を紹介します

不安との向き合いかた

向き合う

”知らない”は不安に直結する

例えば、患者は「説明が不足しているとき」に不安を感じます。

私たち看護師は「担当する患者の情報がない」と不安です。

もちろん、知って不安になることもあります。しかし「正体不明の漠然とした不安」は、情報を集めれば解消されます。

一時しのぎで済ませていないか

患者・家族さん達は、不安なときに説明を求めてきませんか?

それは問題の解決に向けた適切な行動です。たとえいくら看護師が傾聴しても、疑問の答え「情報」がないと一時しのぎにしかなりません。

あなたは、今感じている不安を一時しのぎで済ませていませんか?

将来への不安は情報を集めないと解消されない

将来が不安なら自分がとれる選択肢を知るべき。

情報があれば、ぼんやりとした不安は明確になり対策ができるようになります。

その情報は、じっとしていても舞い込んできません。次のステップに進むためには情報収集が必要です。

やるべきこと=情報収集

『自ら未来をつくることにはリスクが伴う。しかし、自ら未来をつくろうとしないほうがリスクは大きい』

P・F・ドラッカー 〜時代を超える言葉〜
情報は未来を見る

情報収集の対象となるのは、この2つ。

  • キャリアアップ
  • 将来の職場情報

キャリアアップ

看護師を続けると「あなたはスペシャリスト?ジェネラリスト?どっち?」なんて質問が待っています。

でも、簡単には返事できませんよね。

どちらにしても「その先」で何が待っているのか、情報収集は必須です。

看護雑誌や職場の認定・専門看護師や管理職から情報を集めましょう。

管理職なら、ファーストレベルに行ってみるのもいいと思います。同じ受講生で既に管理職をやってる人から生の声が聞けるし、管理者の思考を学べます。

行ったら必ず管理者になるという決まりはありません(病院から援助を受けていれば別ですが)。

このブログではファーストレベルの体験記も投稿しています。ぜひご覧ください。

ファースト行って決断した話

僕はここ数年「管理職になるべきか?」という将来への悩みを抱えていました。

原因は「管理職ってどんな仕事?」という情報不足です。

そこで、管理者教習であるファーストレベルに参加。一生懸命に看護管理(の基礎)を勉強しました。

結果として「一般職でいく」と決断。今はこれからも一般職でいられるよう、選択肢を増やす情報収集を開始しています。

決断するには多くの情報が必要でしたが、方向性を決めた後は気楽に過ごせています。

将来性のある職場情報

将来に備えるための情報収集です。

今の職場に「骨を埋める」つもりでも、近隣施設の雇用情報には目を通し続けるべきです。

今は満足している職場でもいつ心境の変化があるかは分かりません。

例えば

  • 新しい上司とそりが合わない
  • 経営が悪化して給与が下がる
  • 部署移動でストレスフル
  • 近くで良い求人がある
  • 結婚を機にクリニックへ転職したい

などなど、気持ちは環境によって短期間で変わるものです。

幸い、看護師は職場の選択肢が多く恵まれています。

ただし、職場を変えたいと思ってからの行動はお勧めしません。

なぜなら、こんな気持ちで転職するとロクなことがないからです。

とりあえず今の職場を離れたい!

早く辞めれればもうどこでもいい!

これでは冷静な情報取集ができず、かえって後悔するはめになります。

【良い情報を見抜くコツは、日頃から見ること】

求人情報は「土地の物件情報」とよく似ています。

不動産のサイトに登録されている土地情報(もしくは賃貸情報)がありますよね?あの中でどれが良い物件なのか、すぐに分かりますか?

まず、素人には出来ません。それは土地情報の価値を決める要因が多すぎるからです。

例えば、近くに駅はあるか?学校はあるか?工場の建設予定はないか?日当たりはどうか?地盤は良いか?近隣住民はどんな人たち?、などなど

これらを判断しつつ良い物件を”早押し”で勝ち取るには、お目当ての地域の土地情報を調査し続けるしかありません。

転職情報も同じです。たくさん情報がありますが、本当に良い物件は一握り。大半は売れ残りながら掲載されています。

対して、良い情報は”ネットに出る前”や”出てもすぐ”に売れます。

なので、常に情報を評価し続ける習慣が大切です。

不動産のセールスマンにとって一番のカモは急いでいる客。転職も同じ、焦りを見せてはいけません。

看護師なら、転職先はたくさんあります。だからこそ、雇用情報には常に触れておくべきです。

終わり きつい時こそ行動

見通しをつけると安心する

行動しないと悩みは消えません。

  1. 自分の今後を調べる
  2. 自分がとれる選択肢を調べる
  3. 調べた結果を追い続ける

この行動が不安を解消します。

見晴らしの良い場所へ移動しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました